DXとは何か?

EXPLANATION

01

DX(デジタルトランスフォーメーション)の意味

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、デジタル技術とデータを活用して、顧客や社会ニーズを基に、製品・サービス・ビジネスモデルを変革するとともに、業務や組織、プロセス、企業文化や風土を変革し、競争優位性を確立すること。

(出典)デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0 経済産業省

つまりは、

データとデジタル技術を利用し、
ビジネスモデルや働き方を変革すること

を指します。

DX(デジタルトランスフォー メーション)の意味 表
IT・データの基盤が、変化に強い経営構造を作る 表

EXPLANATION

02

IT・データの基盤が、変化に強い経営構造を作る

IT・データの基盤がない状態で、アプリケーションをいくつも導入しても、部分最適でしかなく、将来的に問題を抱えることになります。その結果、貴社のビジネス基盤に悪影響が出ると想定されます。

しかし弊社のHR Strategyは、オープンソースのため他社製品のシステムと連携ができます。そのためIT基盤として最適なシステムです。
そのことが全体最適として機能し、変化に強い経営体質を形成することができます。

EXPLANATION

03

「人」がシステム運用して会社を経営する

会社ごとに優先して取り組むべき事柄が異なります。
1)なぜHR Strategyを使用するのか。
2)どこに着目をすればいいのか。
3)現状として何が課題なのか。
4)どう改善していくか。

それらをシステム・各種制度・People Analyticsを活用して、組織と個人の取り組みを「見える化」し、結果に繋げます。
HR Strategyを貴社の経営やマネジメントにぜひお役立てください。
(HR Strategyの特長ページでは、成長企業に共通する組織体制の解説をしています。そちらもご覧ください)

「人」がシステム運用して会社を経営する 表
decoration

なぜDXが必要なのか?

社会情勢・社会構図などの変化 による企業課題の発生

近年のデジタル化の急激な環境変化により、
会社や従業員のパフォーマンスを最⼤化させるため臨機応変に戦略を仕掛けなければなりません。
加えて、保守的な前例主義ではなく、⼈と組織の側⾯から変⾰をリードしていくことが求められます。
テクノロジーによる第4次産業⾰命の現在、今までにない付加価値を創造することが重要です。

その付加価値を創造するのは「人財」であり、

経営資源の中で「人財」の重要性が益々⾼くなっています。

課題

01

⼈⼝減少に伴う社会情勢の変化

日本は少子高齢化により生産年齢人口が減少していきます。それにより様々な問題が発生します。具体的には、人手不足が深刻になり、優秀な人財を獲得することがより難しくなります。そのためいかに既存の社員を大切にするか、同時にいかに魅力的な会社にして、新たな人財を獲得していくか。これは今後の経営で重要な課題の1つです。HR Strategyは、戦略人事の機能を備えており、魅力的な会社づくりに貢献し、また生産性の向上に繋げることが可能です。

⼈⼝減少に伴う社会情勢の変化
  • 生産年齢人口の減少
  • ⼈⼿不⾜
  • 優秀な人財獲得難
  • 働き⽅改⾰
  • 同⼀労働同⼀賃⾦

解決するには、評価・等級・⽬標の制度を変え、

People Analytics(ピープルアナリティクス)」の導⼊をお勧めします。

「People Analytics(ピープルアナリティクス)」とは?

People Analytics(ピープルアナリティクス)とは、⼈事に関連する情報や数字を収集・分析し、客観的なデータを使って、採⽤、教育、評価といった⼀連の⼈事業務の意思決定に役⽴てることを意味します。

課題

02

テクノロジーによる急激な社会構造の変化

テクノロジーの指数関数的な発展においては、変化はある地点から急激になります。指数関数的に発展する技術は、具体例としてAI、ロボティクス等が挙げられます。今まさにそのような社会変化が起きつつあります。つまりテクノロジーを活用していくことが、これからの経営には求められます。HR Strategyは経営基幹システムとして優れており、既存システムやその他システムと連携(EDI連携)することができます。貴社のデータやシステムの一元化も実現します。

テクノロジーによる急激な社会構造の変化
  • データ分析に時間がかかる
  • 事務作業に⼿間や時間がかかる
  • テクノロジーの急激な伸びに対してビジネスの⽣産性は伸びておらず、テクノロジーをビジネスに活かし切れていない場合がほとんど

etc.

解決するには、

AIRPA(業務効率化ロボット)業務を⾃動化させていくことや、デジタル・クラウドを導⼊し、データ保存とアクセスを容易に⾏い、ナレッジマネジメントに繋げ、パソコン上で完結する業務を増やしていく必要があります。

「RPA」とは?

RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、「業務プロセスを⾃動化するロボット」という意味で、簡単な事務作業を⼈の代わりに⾃動で⾏ってくれるサービスのことです。

課題

03

組織構造の変化

従来の組織はピラミッド型の組織が多いです。しかしこれからのVUCAの時代では、通用しなくなります。なぜなら社会構造が劇的に変化して多様化しています。そのため前例主義では通用しません。会社も常に変化していく必要があります。生命体のように、組織も社員もそれぞれが自由に変化し続け、使命を感じながら、個々の意思決定によって、動く組織が理想になります。HR Strategyを利用して、従業員の可能性をもっと引き出す組織に変革しませんか。

組織構造の変化
組織の機能の仕⽅
  • 情報の共有が難しい
  • コミュニケーションに時間がかかる
  • 情報の管理が煩雑で、特定の人しかわからない状態

etc.

解決するには、

Chatter」「CRM」の導⼊をお勧めします。

「Chatter」とは?

Chatter(チャター)とは、FacebookやTwitterのビジネス版のような存在であり、メンション(「@」)やトピック(「#」)を利⽤し、社員やパートナーとコミュニケーションができる、Salesforceの中の1つの機能です。社内コミュニケーションを円滑にし、ナレッジマネジメントをも可能にします。

「CRM」とは?

CRM(顧客管理システム)とは、顧客を中⼼に考えてビジネスを展開し、利益の最⼤化を⽬指すマネジメント⼿法で、顧客のことを正確に理解し、最適な戦略を打っていこうという取り組みです。
これからはクラウド上で管理し、情報共有することは必須です。アクセスへの利便性は、顧客満足や迅速な対応に直結します。

多くの課題を解決していくには、
テクノロジーの導⼊が不可⽋である。

社会構造が⼤きく変化している中で、不確実性が⾼く正解のない世界で、今までの経験や勘で経営判断するのは難しい時代です。
また⼈⼝減少による⼈⼿不⾜により、優秀な人財を確保することが難しくなっています。
多くの課題と向き合いながら「⼈」をどう育てるか、またはどう活かすか。

企業は⼈なり」=「HR」は、いつの時代も経営の本質です。

デジタルを活用して従業員の働きがいを高めるシステム

クラウド型デジタル⼈事システムHR Strategy

本システムを利⽤すれば、データに基づいた客観的な経営判断が可能になります!

DX DEFINITION

現代における「DX」の重要性

今だからこそ取り組むべき「DX化」

「変化に迅速に適応し続けること」、その中では「ITシステムのみならず企業文化(固定観念)を変革すること」がDXの本質であり、企業の目指すべき方向性です。
新型コロナウイルスによって人々の固定観念が変化した現代。
今こそが企業文化を変革する機会です。
ビジネスにおける価値創出の中心は急速にデジタルに移行しており、今すぐ企業文化を変革しビジネスを変革できない企業は、デジタル競争に出遅れてしまう可能性があります。

コロナ禍を契機に企業が直ちに取り組むべきアクション

ACTION-01

ACTION-01
業務環境のオンライン化
  • クラウドのため、いつでも、どこからでも、どの端末からでも利用可能
  • テレワークシステムによる執務環境のリモートワーク対応
  • チャットやオンライン会議システムによる社内外とのコミュニケーションのオンライン化

ACTION-02

ACTION-02
業務プロセスのデジタル化
  • OCR製品を用いた紙書類の電子化
  • クラウドストレージを用いたペーパーレス化
  • 営業活動のデジタル化
  • 各種SaaSを用いた業務のデジタル化
  • RPAを用いた定型業務の自動化
  • オンラインバンキングツールの導入

ACTION-03

ACTION-03
従業員の安全・健康管理のデジタル化
  • 活動量計等を用いた現場作業員の安全・健康管理
  • 人流の可視化による安心・安全かつ効率的な労働環境の整備
  • パルス調査ツールを用いた従業員の不調・異常の早期発見

ACTION-04

ACTION-04
顧客接点デジタル化
  • CRMシステムを搭載しており、誰もが顧客データを共有・活用・分析できるためアクションに繋げることができる
  • 電子商取引プラットフォームによるECサイトの開設
  • チャットボットなどによる電話応対業務の自動化・オンライン化

*HR Strategyは他会社のシステムと連携が可能であり、DXに向けた経営基幹システムとして最適なシステムです。

デジタルを活用して従業員の働きがいを高めるシステム

クラウド型デジタル⼈事システムHR Strategy

本システムを利⽤すれば、データに基づいた客観的な経営判断が可能になります!